脱毛ついでにできる肌ケア!

家庭用脱毛器の選び方

今回は家庭用脱毛器の選び方を説明します。
若い女性に大人気の様です。
昔は家庭用脱毛器ではなくエステサロンに通う女性が多かった様です。
しかし、エステサロンは大変混雑しており予約が取りにくい点、予想以上に料金が高額な点、そして、意外と脱毛に関するトラブルが多かった様子、その様な欠点もあり、最近は家庭用脱毛器を購入する女性が増えました。
この様な家庭用脱毛器は需要が高く、世の中には国内製・海外製問わず様々な商品が売られています。
世の中には似た様な機械として育毛器と言う機械が売られており、ある意味、つくづく人間と言う生物はわがままな生物と実感するけれど、今回は脱毛する女性に役立つ様、脱毛器と言う機械に関し重点的に説明します。
一言に脱毛器と言っても様々な種類がありますが、一般的に家庭用脱毛器は大きく別けて3種類に別れます。
「光脱毛器」「レーザー脱毛器」「熱脱毛器」の3種類です。
まず、光脱毛器は「特定波長の光を肌に照射して毛根部を取り除く」構造を持つ脱毛器を指します。
その特性上、同時に照射可能な表面積が広く、また、脱毛時の痛みが少ない利点があるため、日本国内では一番人気があります。
日本人女性には一番向く類の家庭用脱毛器ですが、肌の色・毛の色の関係上、白人女性には効果が薄い様子、ですから、外国製の光脱毛器はあまり売られていません。
代表的な家庭用光脱毛器にはセンスエピ等が挙げられます。
また、エステサロンに設置してある業務用脱毛器も実は光脱毛器の1種です。
一方、レーザー脱毛器は「レーザーを肌に照射して毛根部を衰弱化する(医療機関に設置してある脱毛用医療機器と同じ)」構造を持つ脱毛器を指します。
代表的な家庭用レーザー脱毛器にはトリア等が挙げられます。
照射後、暫くすると毛が自然に抜け落ちますが、この時、故意に毛を抜かない様に注意して下さい。
その特性上、メラニン色素だけに反応するため肌に悪影響を及ぼす危険性はありません。
一度に照射可能な表面積が狭く、また、脱毛時は結構痛い様ですが、他の類の家庭用脱毛器と比較してその効果が長持ちする利点を持ちます。
最後、熱脱毛器は「熱エネルギーで毛先を脱毛する」構造を持つ脱毛器です。
代表的な家庭用熱脱毛器にはノーノーヘア等が挙げられます。
熱脱毛器も進化し続けており、今では皮膚を直接触らず脱毛する構造の熱脱毛器(サーミコン脱毛器)が主流です。
その特性上、自然に仕上がる上、他の類の家庭用脱毛器と比較して本体価格が安値な傾向があります。
Copyright (C)2016脱毛ついでにできる肌ケア!.All rights reserved.